feeljazzin



<   2011年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧


私の考える井上光太郎展

先日のブログ「小さな雨男」に書いた、
井上光太郎くんの展示の詳細が決まったようなのでお知らせを。
住み開きをする企画者山内くんは準備最終週の現在、バタバタのようです。
ファイトファイト。

知ってる人の展示を
知ってる人の家と、生活の範囲で見るというのは
なんだかとても不思議な感覚です。


私の考える井上光太郎展
http://logique.exblog.jp/13690019/


d0103733_12553064.jpg

[PR]
by feeljazzin | 2011-09-26 12:54 | 日々の柄

文通博覧会2011終了しました。

日曜日で無事に文通博覧会が終わりました。
ご来場してくださったみなさんありがとうございます。
そして誘ってくれたくちぶえ企画Pe:Peちゃん、ありがとう!!

3年ぶりの文博では
くちぶえ企画さんの素晴らしいプレスにより
たくさんのご来場があったようで、
私の作ったレターセットは完売したそうです。
パチパチパチ★
嬉しいわーほんまにありがたいわー^^


d0103733_44583.jpg


置いてるものがいちいちカワイイ!
d0103733_45211.jpg


お祝いに届いてるお花までカワイイ!
d0103733_454245.jpg


会場の様子。オープン後すぐにお客さんが。
d0103733_46679.jpg


気に入った番号のレターセットをここから探します。レコード選びみたいで楽しい。
d0103733_462955.jpg


ハハハなレターセット完売しました^^ありがとうございます。
d0103733_483542.jpg


出張!中村文具店さんの素敵なこと。レトロ文具モリモリ。
d0103733_492643.jpg


アンケートのとこにあったボールペンの並びまで可愛かったよ。
d0103733_494840.jpg

[PR]
by feeljazzin | 2011-09-13 04:19

文通博覧会のお知らせ。

d0103733_2331156.jpg


明日から開催される『文通博覧会2011 in東京』に出品いたします。
期間:2011.9.6(火)~11(日) 12:00-19:30 *最終日は17:00まで
場所:高円寺 自由帳ギャラリー(東京都杉並区高円寺北2-18-11)

「毎年、夏に大阪で行われている文通博覧会、東京では今年で3年目になります。
文通博覧会とは、手紙を書くことに必要なレターセットを
作家さんや絵描きさんに作ってもらい展示・販売する博覧会です。
ー中略ー
約50種類以上のオリジナルレターセットが並びます。」
文通博覧会ホームページ(http://bunpaku.vs.land.to/)より抜粋



YOSHiEは3年ぶり、大阪以来の出品です。
主催のくちぶえ企画Pe:Peちゃんが学生さんのときに大阪ではじめたこのイベント、
何年か連続で出品させてもらっていましたが、年々規模が大きくなり
毎年様々なメディアに取り上げられています。
本格的に似顔絵を仕事にしてバタバタした2年はお休みさせてもらいましたが
今回また参加できて嬉しく思います。


これまでは自分のイラストの延長線上で作っていたのですが
今回は完全に自分の欲しいモチーフものをつくってみました。
我ながら良い感じに仕上がっております。
楽しくお手紙書けそうです。うんうん。

文通博覧会では、
プロ仕様なスタンダードでかっこいいものから
手作り感あふれるかわいいもの、
なんだか心くすぐられるマニアックなものまで
出品する私もいつも見に行くのが楽しみです。
ドキワク★ときめくのは私だけではないはず^^

場所は大好きな中央線各駅停車の高円寺駅北口から3分、
誰が言い出したか森ガールの聖地、HATTIFNATTというcafeのおとなり
素敵な自由帳ギャラリーです。

ぜひともおこしませ。

d0103733_23173237.jpg

[PR]
by feeljazzin | 2011-09-05 23:03 | 予告と報告

夢の島

d0103733_028569.jpg



第五福竜丸をみてきた。
新木場、夢の島にそれはある。


東京にきていた友人が
口コミで聞いたから行くというので、
私も連れて行ってもらった。


第五福竜丸の事は
歴史で習った月並みの知識と
渋谷にある、
あの岡本太郎の絵のイメージくらいしか
なかった。


ただ、
うっすらと

いや確実に。


311以後

渋谷を通る時も
岡本太郎展に行った時も
8月6日、9日も

意識しないではいられなかった。


そして

それが現存しているというのだから
これも何かの縁だろうと思った。


東京都立第五福竜丸展示館(http://d5f.org/top.htm


行く前まで
都立であることに何の疑問も持たなかったし、
これだけ意味のあるものなんだから
ものがあるなら
保存して当然だと思っていたんだけど

その日
たまたまお会いできた学芸員いちだまりさんの説明で
いまここに残っているのが
奇跡的なんだと実感。

怖いくらいの
実物の迫力。


第五福竜丸はマグロ漁に出て
日本から遠くビキニ環礁で行われた
アメリカ軍の水爆実験により被爆。

大量の放射性落下物(死の灰)を浴びて
どうにか日本に帰り着いた船は
身を以て日本国民にその事実を知らせることに。

その後
無線長の久保山愛吉さんが
半年後に血清肝炎で亡くなっている。


しっかり除染されたあと
名前を変えて使われた船は
信じられないけど、

最終的には
船の墓場になっていた夢の島に
ゴミとして捨てられていたんだそう。


そしてそれが第五福竜丸だと解ってからも、
この展示館ができるまでの数年間、
海に浮かんで雨ざらしになって
沈みそうになりながらも
保存をしようと声をあげたみなさんの
想像を絶するような努力で
こうしてここに現存している
という事実。


それは
私は全く知らなかったのだけど
ビキニ沖の水爆実験が幾度も行われていた当時、
遠洋漁業の魚は原子マグロと呼ばれるほど
ガイガーカウンターが数値を示し、
廃棄されて魚屋は困り、
日本にも放射能を含んだ雨がふって
日本中が混乱して
人々はこの先の生活に不安を覚えたが為に、
原水爆反対を唱えたという
原爆投下から9年後に起こった出来事だったから?

展示されていた
その当時の新聞は
まるで、インターネットを賑わしている
今の話題さながらだった。

いくつかの文献の中に
核の平和利用がされますように、
といったものがあって
どうしてもひっかかってしまった。
去年ならそうだね、
戦争怖いね、

ともすれば
私からすりぬけていた文章。

爆発自体に巻き込まれた人はいなかったとして
少なかったとして

予想の3倍の範囲での
直接死に至らしめる影響力はもちろん

世界中をじわじわと蝕む毒に
みんな怒った。


今、
日本で起きているのは
そういうことなんだ。
と再確認する。

なるべく見てみないふりをしたくなる。
自分は関係ないと思いたくなる。


第五福竜丸を見に来て
半世紀前、こんなに怖かったのに
なんで忘れていたんだろう

反省して帰る年配の方も多いんだそう。


ただ、
実際違うところにいる私が
心を寄せて同調しても
それは迷惑な気がしていて

だからそれよりは
関心を持って
問題の糸口を探る
知って、動く事
伝える事が必要なんだと
強く思う。

何事も。


そこで
思い出すのは
夏に会ったあのお客さんのこと。


私は知らない事が
まだ

たくさん、ある。


知らない方が
幸せな事はきっと多いけど

それでも
知っていきたいと思う。


そんな、
暑さ残る
秋の最初の日のはなし。
[PR]
by feeljazzin | 2011-09-02 00:03 | 思うところ

小さな雨男

井上光太郎画伯と彼の絵。
d0103733_2391839.jpg



どこかから
鍵盤ハーモニカを練習する音が聞こえるので

バス停バス待ちしながら
8月最後に夕涼み。

バスを降りて、
東向島5丁目の古い一軒家で
主役を待つ。


小雨を連れて
大きな油絵を抱えて彼はやってきた。

もう何年も彼の展覧会の葉書なんかを作ってる山内君の家と
その周辺のカフェとスペースで同時に
現代画家 井上光太郎の絵の展示をやるってことで

搬入をお手伝いしてたら
東京で発表した作品は割と売れてしまっていることもあって、
懐かしい大阪時代の良い作品がたくさん。

思わず
顔がほころぶ。

湿った匂いや重量を豊かに描き出すその表現力は
雨男ならではなのかな と思ったりしてる。



このあたりのメンツとの付き合いは
何年になるんだろう。


光太郎の描く絵も
山内君の組むデザインも
とても、好きです。

とても、楽しみな秋です。


展示の時期は
墨東まち見世2011とも少しかぶっているようなので
是非散歩しに墨田区にきてください。

詳細が決まったら告知するよー
[PR]
by feeljazzin | 2011-09-01 23:36 | 日々の柄


絵描きの日常と妄想を綴る記録帳。
カテゴリ
全体
日々の柄
予告と報告
ごはん部
思うところ
home page
以前の記事
お気に入りブログ
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧